美容室を個人で出店した友達に聞いてみた。お店を出すときの行動や具体的な思考は??

こんにちは!はなたれこぞうこと、hanaです。

今回は、自分のお店を持つのが夢な人用。友達(Rさん)が、自分で美容室を経営して一年ちょっと経つのでお伝えしていきます。

hanaさま
Rさんよろしくお願いします。
Rさん
よろしくお願いします。

自分で経営したい、店を持ちたいという方は参考にしてください。

 

まずお店を簡単に紹介

 

 

名古屋市港区にある【Each New Day】というお名前のサロンです。

 

大々的に看板を出していなくて、完全予約の隠れ家的なサロンです。

 

経営はRさん奥様一人で経営。完全なone to one haircutなので、

指名料がいらない、スタイリストを独り占めできる、シャンプーもアシスタントにやらせるわけではなく

Rさんが全部自分でやるので、プロの腕前といった点が魅力的です。

 

デメリットは「飛び込みで入れない」といった事でしょうか。ただ、今のサロンはどこも人気のスタイリストさんは飛び込みで行っても対応してくれない所が多いので、

デメリットというほどでもない気はします。

 

内装もかなりこだわっており、カウンターにタイルが貼られていたり、入り口が家の形になっていたり、

旦那様が家具職人ということもあり、木には凄くこだわったそうです。

 

Rさん
実はカウンターの前にある椅子、旦那の手作りだよ。
hanaさま
うそ!手作り?!気づかなかった!!

夫婦で店を作ったといった感じがとても素敵です。

 

Rさんは元々サバサバした性格に、持ち前の明るさ、そして生まれ持っているセンスでお客さんのリピートを引き上げています。

もちろん、カットの腕前も十分にありますが、それ以上に「この人にまた会いたい」「ずば抜けたヘアアレンジ」といった事が大きく経営に直結してます。

 

実際に私がいつも思うのですが、結構大まかな部分のイメージはいいますがあとはおまかせでメニューを頼むと、自分でも気づかなかった似合う髪型を見つけ出してくれます

 

高校から夢への逆算の行動

 

さて、そんなRさんですが高校が一緒だったこともあり、凄い前から自分の夢を語っていたのを私も聞いていました。

そこから、逆算しての行動をしていたと思います。

いついつまでにお店を出したいから、いついつまでにいくら用意して、結婚もいついつまでにして、子供も産んでおく。

 

そうやって人生設計を立てていました。

 

さらには、下積み時代では色々な美容院を経験して、良い所を吸収していました。

よく、「履歴書に傷がつくから」と一つの所で下積みをしている方がいますが、自分の夢をかなえるための転職はとても良い事だと私は思います。

Rさん
ひたすらシャンプーやらさせられるお店もあれば、自由だけど家族経営で居心地悪い店もあったよ。
hanaさま
そうゆうのってお客さんに雰囲気伝わりそうだね。良くないね。
Rさん
一人だと、気は楽だからそういった意味で、お客さんをリラックスさせて真剣に施術することができるよ。
hanaさま
たしかに。ぶっちゃけ明らかに店長の顔色うかがってるお店なんかもあるもんね。ああいうお店は行きたくなくなる。

お店の立地

 

自分のお店を持つなら、まず立地を考えなくてはなりません。

お店を出してもいい道沿い、ダメな道沿いなどもありのぼり(旗)も許可書が必要など、細かいルールも確認しておく必要があります。

 

Rさんの場合は、地元に友達が多い、ママが多い、また実家の一階が空いていた、道路は商業施設沿いなので問題なしといった点から、実家の一階にお店を作る事を考えていました。

Rさん
母に言ったら、下でやってもいいっていうから。コストが少しでも削減できるほうがいいよね。
hanaさま
そうだよね。というか、すごくいい所におうち買ったよね。人通りも多いし。

 

今は美容院激戦区のため、例えば高級住宅街に1000円カットを作っても売れないとか、逆に田舎に「高級サロン」を作っても来ないなんてこともありえます。

その土地の人柄だったり、どんな思考をしているのかといった事のリサーチ能力も大切になっていきます。

 

そして、人と違った事をやると注目を置かれるので、周りと差をつける事でファンを勝ち取れます。

Rさん
うちは、一対一にこだわったよ。お客さんとの時間を大切にしたかったんだ。
hanaさま
周りがせわしいより、落ち着くよ。それと、あの飲み物と一緒に出てくる、一口お菓子は贅沢に思える 笑 この前出されたチョコ味の源氏パイにハマって、買い物行くたびに買ってきてるよ 笑
Rさん
最近お菓子出すサロン、よくあるよ!
hanaさま
へーそうなんだ。でも私が行ったところで出てきた所はなかったな。
Rさん
じゃあ、この辺では珍しいのかもね。コーヒーも美味しい豆を使ってるんだ。こだわりだよ。

 

 

美容院と例えばカフェを掛け合わせるとか、美容院の中に雑貨置くとか、

予約の入ってないときは体の不自由な人へ訪問サロンなんてゆうのも面白いかもしれません(*(*’ω’*)

経営の知識

これはどの分野においても勉強しなくてはならない課題です。

会計のバランスシートもそうですし、マーケティングブランディングの知識もつけないといけません。

 

また、シャンプーやトリートメントはどこから仕入れるのかとか、カラー剤はどこで仕入れてくるかなども大切になってきます。

 

Rさん
うちは大々的にシャンプーは売ってないんだ。売りつけられると、いやな気持になるじゃんね。でも聞かれたらちゃんと売れるようにはしてるよ。
hanaさま
そうだね、いちいちこのトリートメントは・・とか聞いてないことを言ってくる美容院あるよね。あれ、買う気失せる。あとメニューとかごちゃごちゃ書いてないのもいいよね。
Rさん
そうなんだよ、そこ、大切にしてる。でも、インスタには取り扱いのシャンプーの銘柄書いてあるから、わざわざ電話して頼んでくれる人もいるんだよ。
hanaさま
なるほどね!今はSNSの時代だよね!

 

View this post on Instagram

 

人気のN.からボディソープが出ました🛁 100%天然精油の香りとシアバター由来のやさしい泡で自らうるおう肌になる。 ナプラ N.(エヌドット) ポリッシュソープは、さっぱりとした洗い心地でうるおいを育むオールボディウォッシュです。 100%天然精油の実からなるマンダリンオレンジ & ベルガモットの爽やかな香りで気分をリフレッシュ。 2種のシアバターと7種類の植物オイルをはじめとした天然由来成分による「皮脂膜」「セラミド」に着目した保湿ケアで、お肌のうるおいを育みます。 ∞80ml∞ 600円+税 ∞300ml∞ 1,600円+税 ∞750ml∞ 2,800円+税 eachnewdayで販売してますので、お気軽にお問い合わせ下さい🎵

A post shared by Each New Day (@eachnewday2018) on

そんなRさんの経営の悩み

 

Rさん
実は・・ブランディングはすごくこだわってうまくいってるんだけど、マーケティングがちょっと・・コ〇ナの件で客足も遠のいちゃったし・・やっぱり広告打たないとダメかなあ・・・
hanaさま
それこそ、今はSNSを駆使する時代だよ。予約の入ってない所をSNSで「この日空いてますよー!」って予約一覧表みたいなの出したら??

あとは、、定額制の毎月13000円でカット、カラー、アレンジし放題のサブスクとかやってみたら??やっぱり、リピーターに足を運んでもらうのは大切だと思う。

Rさん
なるほどーー。ちょっと考えてみる!!

ちなみに、この記事を書いてるのも“マーケティング”のいち手法です。

 

私はブログで稼いでいるので、ネタができていいものを届けられる、Rさんは美容院の宣伝になるので快く引き受けてくれました。

 

本当に今はコ〇ナの影響で、私も売り上げが激減しています( ;∀;)

余分なものをみんな買わないし、出歩くことがなくなってくると美容室にもおろそかになりがちですよね(+_+)

 

この不景気をどう乗り越えていこうか・・Rさんと試行錯誤中ですので、応援おねがいします(‘(‘ω’)ノ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング
このブログでは、一人でも多くの方が幸せに、笑って楽しい人生を送れるように 制作しています。 あなたのフォローが幸せにつながります。 ご協力お願いします\(〇◆〇)/