ほとんどの会社上司に言いたい。あんたらバカ??上司になる資格ねーよ。辞めちまえ。

こんにちはー。hanaです。

まあ、題名からして、かなりあおってるんですけども。

 

バカ、無能上司

 

私が社会に出て、十年ほど。転職は、5社ほどしましたが。

まーーー、バカな社長や部長ばかりで、しっかりと平社員が育ってない!!!

マジで、バカなんですか??

下を圧力で潰す事しか考えてない!!

「自分は、社長だ!!」とオラオラして、立場を見せたいのかなんなのか知らないけど、

「数字が出てない!」と怒鳴りちらして、部下を潰して最終的に辞めさて辞めさせる時も「自己都合にしてね」とか言って、

「去るもの追わず」とか言ってるやつ。

 

ほんっっと無能です!!

 

私がこの5社で「素晴らしい上司」だと思えたのは、1人だけでした。

いいですか?

部下は、子供を育てるのと一緒です。

無知なんですよ。2歳児の「おむつ自分で替えて」って言ってるようなものです。

“甘やかせ”と言ってるんじゃありません。

 

いちから「教える事を教わった」方がいいですよ 笑

 

私でもわかります。

 

上が潰しに走ったら、部下はいいパフォーマンスができない事を。

「お客様」の目線をきにするより、「上司」の目を気にするようになるじゃないですか。

 

日本はもっと、会社に心理カウンセラーとか人事カウンセラーとか置いて、上司をコンサルした方がいいと思うんですよね。

 

本来、教える事において、「怒り」って湧いてこないはずなんですけど、なぜか「怒っている」上司の多い事。

そんなマイナスな波動がでて、会社の利益なんて出るわけがないんです!!

ほんと、こんな主婦に言われてて恥ずかしくないのか。日本企業のレベルの低さにはがっかりです。

 

営業を取ってくるのが役職のお仕事??まあ、そうかもしれないです。

でも、根本は「人事育成」に会社の未来がかかっているのは言うまでもないですよね 笑

 

じゃあどうすればいいの??

 

うまく、部下を育成すると言う事は、上司と部下の関係を良好にして信頼関係を構築する必要があります。

じゃあ、この信頼関係の構築の仕方とは??

すばり、、、

 

 

承認欲求を満たす事です!!!!

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。

出典元:ウィキペディア(Wikipedia)

 

具体的なやり方は、

話しをお互いにちゃんと聞くこと。それはどうしようもない、どうでもいい事柄でも上司は部下の話をちゃんと聞く。

部下は上司から教えてもらった事をちゃんと、メモを取る事です。(メモを取る事も教えるのは上司なのです。)

 

そして、上司は部下へのやってくれた事に対して、「よくやった」と褒めるのではなく、「ありがとう」で褒めるのです。

そうすれば次第に最初は上司に中指をたてていた部下も、次第に話を聞いてくれるようになるでしょう。

 

やがて、時間とともに信頼関係が構築できて、最高のパフォーマンスができるようになるでしょう。

 

上司のレベルが上がれば、自然と売り上げが上がる

 

もうこれは、わかりますよね 笑

人間は得意不得意があります。

コツコツと物作りが得意な人もいれば、コミュニケーションが得意な人もいる。

できないことを出来るようにしろとういのは、酷です。

 

そうじゃなくって、良い所にフォーカスする。そこを伸ばしていってやる。

 

「あ。この上司は信頼できるな。」と思われれば、勝ちです。部下は報告や連絡、相談をおこたらないようになるのです。

そうなると、“上司”としての承認欲求もみたされるのです。

やがて、最高のチームワークになり、最高のものをお客様に提供できるようになり、売り上げがあがるでしょう。

 

アメリカの企業や教育では、瞑想法が取り上げられています。

会社の人材の育成に必要な内容がつまっていますので、ぜひ読んでみてください。

↓ ↓ ↓

 

スポンサーリンク