ほぼ日刊イトイ新聞の記事を深堀り。こうやって毒親は作られる。

みなさまおはようございます。hanaです。

さて、「ほぼ日刊イトイ新聞」ってご存知ですか??

ググって出てくる、タメになるサイトとはちょっと違って、かわいい色合いの主婦が好きそうな

生活臭あふれた【読み物記事】になっております。

 

気持ちの代弁してもらった

 

さて、ここでこんな記事を見つけたので紹介したいと思います。

・人の、愛したい愛されたいという気持ちについて、こころの深いところで、しみじみ考えてしまった。~中略~ 「もっと愛されたい」と、いちおう言えるということは、
いちおう言える分だけ、すでに愛されているのだと思う。ぼくは、愛されたいとか甘えたいとか、子どもがそう思ってもいいものだとは、知らなかった。

出典元:ほぼ日刊イトイ新聞より

 

なんというか、私が言いたい事を専門家としてではなく、一般庶民としての代弁をしてくれた

そうなんです。

大体の場合、大人になった自分にフォーカスをあてがちなんですけど、「愛されたいとか甘えてもいいと子供が思ってもいい」んです。

アダルトチルドレンにたどり着けない

 

この言葉を聞いた事がある人もいるんじゃないでしょうか?

  • 親がアルコール依存症の家庭で育って成人した人[1][2]。Adult Children of Alcoholics(ACOA、ACA)の略語。アメリカでアルコール依存症治療との関わりの中で生まれた言葉である
  • 親や社会による虐待や家族の不仲、感情抑圧などの見られる機能不全家族で育ち、生きづらさを抱えた人。

出典元:ウィキペディア

私もいくつか記事の題材にしていますが、ググると必ずと言っていいほど、専門家目線での「アダルトチルドレンとは何か?」記事しか出てきません。

なので、自分がアダルトチルドレンだとわかった人はたどり着けますが、自分が何者かわかっていなくて、苦しんでいる人にとっては全然有益じゃありません。

たどり着けないんですから((+_+))

人生が苦しいのはアダルトチルドレンだからかもしれない

 

あなたの小さい頃を思い返してください。

チョットした事で、子供は傷つきます。あなたは親に甘えたり、「抱っこして欲しい」と愛を欲しがれましたか?

子供はいつでも甘えていいのに、甘えれない親元はその後の人生に多大な影響を与えます。

そして、アダルトチルドレンは親から子へと繰り返します

ここ重要。

あなたがアダルトチルドレンなら、子供もつらい人生を送る可能性大でしょう。

 

私の実例

 

私の場合の回復する前と、回復した後の子育てについて見ていきたいと思います。

私はバリバリのアダルトチルドレンだった頃に2人、回復してから1人産んでます。

まあ、一人目二人目は必死だったのもありますが、前と後で記述するので、参考にしてください。

子供がお菓子コーナーで駄々をこねる

前→人の目が気になって仕方がない。しかし、お菓子を与えすぎると良くない事と葛藤する。時たまプチパニックになって、スマホで「子供、だだをこねる」で調べだしりする。色々ストレスで、スーパーにすら行きたくなくなる。

後→ひとつと約束して買ってあげて、家でちゃんとこれだけやご飯の後などルールを決める事ができる。あまりに子供が駄々をこねるようなら、違う事に意識をそらすとか柔軟に対応できる。周りの目は全然気にならないが、最低限の迷惑はかからない様に行動できる。

子供との接し方

前→子供と私との間には壁があると思っていた。守る義務は果たしていたが愛情はあげていなかった。人前ではかわいがるが、家に帰ると背中を向けてタバコを吸っていた。遊び相手は苦手で子供目線に立てないので、何をしていいかわからなかった。子供の成長は、、気づけなかった。

後→常に子供目線。「ママどうぞ」とままごとを持ってくると、手をとめて一緒に付き合ってあげる。ひとつひとつの成長を「あ、こんな事ができるようになったんだ!」とかみしめられる。お遊戯会とか、泣けるレベル。

保育園の母の日のプレゼント

前→鏡の裏に絵を描いてきてくれて、渡してくれたけど「はい」と言ってそのままテーブルに置いた。また持ってきた時に娘が落として割った。「なんでまた持って来たの 怒 あぶないでしょ。」と攻めた。しかし、頭ではわかっているので、少し反省して、「ケガなかった?」と言った。謝る事はできない。

後→持って帰って来ると顔がぐしゃぐしゃになるぐらいの号泣レベル。

言う事を聞かない時

前→娘が車に乗らないとダダをこねた。うっとうしかったので、そのまま乗せずに発進しようと少し車を走らせた。そしたらぎゃん泣きして、言う事を聞いてくれたので、それからは強行突破が何回かあった。

後→なぜ乗りたくないのかをちゃんと確認する。子供の意見を尊重し、例えば、公園に行きたいなど意見が聞けたときには、一緒にいってあげて、「じゃあ、その後は車に乗って、買い物も行こうね!」と交換条件を提示する。一人の人として尊重できる。

シートベルト事件

前→真ん中の子がさっき言ってて全然覚えてないんですけど、「まま、シートベルトを出来ないだけで、ガチギレしてきた。」そうです。これはたぶん自分の思い通りにならなくて、早く車を発進させたいのにイライラしていたのでしょう。感情に任せて怒るのも特徴です。

後→今はありえないです。ちゃんと時間に余裕もって動けますし、“子供がシートベルトのできない事”にいちいちイラつきません。ちゃんとやり方を教えますし、待ってられます。

トイレトレーニング

前→子供が漏らすと怒ってました。仕事が増える事に腹がたちます。「なんで、できないの?!いつも、ちゃんと言ってって言ってるでしょう!!」と子供を攻めたてました。トイトレ期間は二人とも長かったです。

後→これは、怒りました(ー_ー)!! ますますできない子供に対して、ちょっと考えました。「あれ?できない事を怒るたんびに余計に漏らすな。」と。なので軸をかえました。できない事が普通。漏らしても怒らない。できた事に必要以上に褒める。結果→すぐにトイトレが終わりました 笑

感想

今思うと、お姉ちゃん達には凄くかわいそうな事をしたなと思います。

懺悔の意味で、今は人間味のある暖かい家族をそして、ちゃんと話を聞いて、褒めて、子供に対してでも「ありがとう」と「ごめんなさい」は欠かさずに、

そして、なんでも受け止める姿勢で居ます。

もし、お姉ちゃん達が生活の中で生きづらさを感じたら、私が絶対になんとかします。

今の所、そういった兆候もみられずすくすく育っているので、安心しています。

毒親の課題

さて、私の主観ですが、世間一般の「毒親」と呼ばれる人たちはこの“アダルトチルドレン”なんじゃないかと思っています。

毒親もまた、被害者で「老害」と呼ばれる人たちもこの“アダルトチルドレン”に関係してんじゃないかなとも思います。

あなたたちが断ち切らないといつまでたっても、繰り返す事になるでしょう。

詳しく知りたい方は、下の“ここを変えれば人生はかわる”をご覧ください。

みんなご協力おねがいします。\(◎o◎)/ ブログランキング・にほんブログ村へ