人事がみる大学イメージって・・・。人事部はなにもわかってない。だから、労働者を使い捨てするんだ。

こんにちは、hanaです。

今回はちょっとバカな私でも考えればわかるような内容です。

こんな記事を見つけました。

まあ、当然といえば当然ですよね。

だって、「暗記ができて、素直に従う」=労働者のコマとして最適と言う事になるのですから。

確かに知識はいっぱい入っているかもしれませんが、

 

頭がいいのと、経営に向いていて会社の良い人材になってくれるのとは全然違います。

今の世の中を見た方がいい

実はわたしは、人事が全然うまくいっていない会社からオファーを受けて、潜りで中からの改革をするように命じられた事があります。

特別な知識はそののちにつける事になったのですが、知らず知らずのうちに私はその行動をしていました。

それは・・・

部下に怒らない事!!です。

 

その会社は稲森和夫さんという経営の神様みたいな人を指標にしていたので、

めちゃくちゃバカな上司でもある程度経営にうるさかったです。(アメーバ経営を元に運営していました。)

 

そこの人事部のTOPの方にこんな事を言われたことがあります。

 

「人は誰かがミスした時に怒るが、それは自分がもっと上の人や客から怒られるのを恐れてるんだ。本来、そのミスの注意は感情を

いれずに伝える事ってできるよね。それをすれば、部下は報告、連絡、相談を怠る事が少なくなる。

怒られる事を恐れるから、良いパフォーマンスができないんだよ。」って。

なるほど~と思いました。

 

昔は、なにをやってももうかる時代でしたし、ケツをたたく教育が効くと信じてやまなかったのですが、

そんな時代はもう古いです。時代遅れです。

 

労働者は使い捨てするものじゃありません。大事に育てていくんです。

やる気のない人は仕方のない事ですが、やる気のある人まで潰している人をけっこう見てきました。

 

一人一人にそそぐ時間って無駄だと思いませんか??

せめて、労働の対価プラスアルファを回収できるような人に育ってもらわないと、はっきり言って時間とエネルギーの無駄です。

 

ありがとうを意識

 

この会社で学んだことを一部抜粋いたします。

これはすごく強力な手法だと思っています。すごい自堕落していた組織がみるみるうちに変わり、

チームとして変化していく様を2回みました。個人的な「感情」(あいつきら~い)みたいなのはありましたが、

それでも一緒になってやっていくという方向性を明確にする事で、チームとして成り立っていくのです。

 

そして、この方法は一回きりじゃダメです。なにか案をつけたして続けないとダメです。

 

それは・・・

仲間にも、お客様にもささいな事で良いから「ありがとう」を見つけて伝えるというものです。

 

じつはコレ。行動心理学からきています。

 

口で言う事でもしあまり心で思ってなかったとしても、行動に表す事でそのギャップを埋めようと

本当に「ありがたい」と思ってきてしまうのです。

 

 

私達のチームでは、その日の終わりにノートに記したり、紙に書いてみんなの目の点く所に貼っておくことで、

言われた方の気持ちにも変化があらわれてきます。

 

もし、バラバラな組織で困っている人が居たら、ぜひやってみてください。

それでも私は組織を離れた

 

実はわたしは、この会社を辞めています。

どんなすぐれた組織でも、将来性がない事に気づきました。

そこでとどまってズルズル時間だけが過ぎて行くよりも、自分の時間をフルに使って勉強したかったのです。

もちろん、勉強というのは経営とかそっち系で、学校に行く的な「お勉強」じゃありません。

 

大学から就職する事はすごく「キラキラしていて、希望に満ち溢れている」なんて勘違いだってことです。

なにがなんでも電車が好きで、鉄道オタで、そっち系の車掌さんになるだとか、

くつが好きすぎて、くつ作る仕事にどうしてもなりたいとかならまだわかるんですけど、

一般企業なんて、だいたい敷かれたレールの上を走らされるだけで、対したリターンもないと言う事です。

 

それよりかは必要最低限の食べていける分だけアルバイトして、

勉強して好きな事をやっていく。

最悪、芽が出なくてもなにもやらずに後悔するよりは、やって「あ、向いてないんだな。」と確認できた方が気持ちがいいじゃないですか。

私はあきらめたくないですけどね\(^o^)/

一番教えたくない尊敬する人

 

さて、一番私が教えたくない事をお教えします(笑)

いまビジネス系で凄く流行っている人なんですが、「竹花貴騎さん」という方です。

 

この方まじですごい人です。

すんごく口が悪いのですが、一つ一つわかりやすく説明してくれて、尚且つビジネスセンスがある!!

もともと、グーグル社で働いていた事もあり、ネットリテラシーは高い方なのですが、それだけではない!!

 

英語がしゃべれるので、アメリカや各地の情報を摂取できてますし、なにより目のつけどころが違います。

そして、一番かっこいいのが、「起業を遊びの延長だと思っている事」です 笑

 

よかったら、見てみてください。

竹花さんはビジネスカレッジという経営の方法もコンサルしています。

月額8,980円で入学できますので試してみる価値ありです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング