こういう人だけは絶対に付き合うな!!自分に害しかないの人間関係を考えよう。

こんにちはーー!!hanaです!!!

今回のお話もディープです。

そして、私の軸で話しているのでもしかしたら、参考にならない、当てはまらない人もいらっしゃる方も居るとは思いますが、

そういう方は、離脱をお願いしますm(__)m

結論。

「自分の話ししかしない、人の話しを聞かない。」こんな人とは付き合うなです。(人間いろいろなんで、毎回こうゆう風にもっていく方は注意という感じです。)

 

何が言いたいんだ?hana。

こういう人は、対人関係において優劣をつけている人です。

完全にこちらを下に見ている。

と言う事になります。

だってそうでしょ。アドバイス求めてないのに、アドバイスしてきて「私はこういう風」って。

 

これは、上司に多いです。部下の話を一切聞かない。聞く耳を持たない。

自分が一番で自分が正しくて、自分軸に持っていこうとする人。

こうゆう人は要注意です。

ただし、仕事のマニュアルがあってそれに沿って話をしているのであれば、その限りはありません。

 

そして、自分軸の人は高確率でマウントしてきます。

それでもあなたは続けますか?

こういう人って最初はいいんです。

結構、親身になって仕事や生活の知恵だったりを教えてくれるし、

面倒見も良かったりする。

しかし、ある時からボロが出てきます。

それは、完璧主義なゆえ、人のアダが許せないのです。

 

こちらがミスをするとすごい剣幕で怒ってくる。「だから言ったでしょ。」が口癖。

 

仲良くなる為に距離を近づけようとしたら、弾丸のように自分のネタをぶつけてくる。

こっちの話しはもちろんスル―。ようは会話のキャッチボールができない人ですね。

 

普段は自分軸でもいいんですが、なにかの共同作業をしている時や、会話というのは2人以上で成り立つものです。

 

こういった方は、心の根底に「人を自分の良い様に操りたい」と思う心理が働いています。

これはとても危険で、うまく交わせない人というのは、この人に流されてしまっていいように使われてしまうのです。

人間関係というのは、上下じゃない

よく考えてください。

人間関係というのは、フェアなんです。

上下じゃない。

横です。横。

現に、人事をうまく取りまとめれる人というのは、上からの圧力は使いません。

横にならんで、一緒の目線で物事を見る事ができる人なのです。

だから、いちいちミスで叱咤(怒らない)しないし、「これ、きおつけてね~」ぐらいで終わる。

 

ただし、権威は使います。

自分の能力を最大に生かし、価値のある存在なんだと人に知らせる事です。

 

こういう人はオーラがあって、慕われています。

 

ここを履き違えると、パワハラ上司になりかねません。

 

一度自分の周りを観察してみよう

結構います。

なんなら、親もその傾向が強い人が多いです。

 

一番わかりやすいのは、「ありがとう」という言葉が言えない人ですね。

もう、論外です。

 

親子関係というのはとてもやっかいなもので、逃げられないがために子供をいいように操作する親というのは、

「毒親」のほかならないです。

 

自分は習い事で水泳が習いたかったのに、「〇〇ちゃん、〇〇ちゃんは音楽が好きよね。ピアノ習いたいわよね。」って誘導してむりやりピアノを習わさせる親。

結構、あるあるですよね(+_+)

これ、実は親が小さい頃にピアノが習いたかったけど、できなかったから子供に自分の夢を託そうとするのです。

 

子供も一緒になって、喜んでピアノを習うのはOKですが、シブシブお母さんが喜ぶから・・

と習うのはアウトです。

 

もうこれは、自分の人生を生きてなくて親の人生を生きています。

なかなか親子関係というのは関係を切りにくいのでむずかしいですが、ちゃんと知識を持って「あ、こういう人なんだな。」という

第三者目線で物事をみなくてはなりません。

 

もしあなたにこういった体験があって、人生が生きにくいなと思ってる方がいらっしゃったら、ぜひ下の“あなたの人生がうまくいかないのには訳があった!!”

を読んでみてください。

みんなご協力おねがいします。\(◎o◎)/
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

 


あなたの人生を幸せに導く魔法。

 

コメントを残す