某あぶないと言われている宗教に入ったら、5年間辞めれなくて人生がめちゃくちゃになった。その、実態とは?!前半

宗教に入ったきっかけ。

 

まあ、あれっすよね。

 

当時好きだった彼氏(のちの旦那)が熱心に信じていたから、私も流れでやりだしたわけ。

 

DQNとか言わないで。

 

そんな、世間的に危ないなんて知らなかったし、話聞く限りすごく良い事を言うんですよ。

 

 

大体どこでも勧誘する時って、良い事言うじゃないですか。

無知な私は壁があまりにも低すぎて突破してしまいました。。。

 

 

ここからが、地獄のはじまりです。

 

宗教をおこなう際に、一番嫌な事。

 

 

自分で信仰していく分にはあまり支障がありません。

だって、信じるか信じないかはあなた次第だもの。

 

 

だけど、この宗教、その思想を全国民に植え付けようとしているわけ。

しかも、“信じなければ不運があなたに起こる”って断言しちゃう。

不安を煽る。。。

 

 

信じている人にも“みんなに広めなければ、不運がおこる”って言う。

逃げ場がないわけ。

 

 

「お金一切かからないから」って言いながら、年に10万ぐらいちゃっかり寄付集めるし、活動資金も自分持ち。

もちろん、朝から晩まで活動してるから、朝昼晩外食になるし、ガソリン代だって、バカにならない。

 

 

新しい人が続々入ってくるとかいって、〇〇集会とか集う場で、むりやり人を連れてきたり、

信仰してもいない人を集会に来させて、〇百万人集まりました――!!とか言って、

人数を上乗せする。

 

 

それを、歌い文句にして、新しい入信者を増やす。

 

 

その、新しく人を勧誘する行為が嫌で嫌で仕方なかったです

 

 

幹部の人の闇

 

 

私は万年ペーペーでしたが、聞く所によると、幹部の実態はやばかったです。

もちろん、給料などは出ないから、仕事と掛け持ちしてやってる人ばかりで、

 

 

仕事が終わると組織の建物に集合して、夜の12時とかまで話し合ったり、

新しく勧誘したり、下の人の指導をしたり、、、らじばんだりーしていました。

 

 

毎週発行される新聞を購読してもらうための定期購読を、一年に一回下っ端の子や、

信仰してない人にも勧める月があるんですが、

 

 

このノルマがひどい

 

 

数字をあげるために、名ばかりの信仰者の名前を借りて、その幹部がお金を払って、

ノルマを達成させる。

 

 

また、一年に一回の供養なる寄付もノルマがあったみたいで、これも幹部が名前だけ借りて

立て替えていました。

 

 

新聞は年一万弱だったが、寄付は1人約10万だから、10人とかだと100万、、、。

おそろしや~~~(;_:)

 

 

もっと素晴らしい立場の人になると、日本中渡り歩いて講演とかしていて、

目の下にはいつもクマを作っていて、過労で倒れて退座になった人とか結構いました。。。

 

 

そんなわけで、宗教。

入るのは勝手ですが、自分のケツは自分でふけよ!!!

 

 

まとめ

 

 

ジンセイクルッチャウヨ。

 

みんなご協力おねがいします。\(◎o◎)/↓↓ぽち。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク