東海地方おすすめコテージ4選と、アウトドア初心者でも楽しめるコツを紹介します。

こんにちはhanaです!!さて、そろそろ暑くなってきてアウトドアも本格的に楽しみになってきましたね♪

うちの家族も、コ〇ナにきおつけながら出かける予定でいます!!

さて、今回はうちが行ったことのあるコテージを紹介していきます。「東海地方で悩んでる~」といった方は、ぜひ参考にしてください。

 

NEOキャンピングパーク

NEOキャンピングパークはその名のとおり、岐阜県本巣市根尾下というところにあります。

口コミを見ていると、“施設がキレイ”“高規格”といった言葉が目立ちます。

私が行ったのは4年前ですが、キレイ、コテージが広いといったイメージが強かったです。

ファミリーが多く、初心者にはとても過ごしやすいキャンピング場になっております。

 

 

催し物が多く、石・木工クラフト体験教室や野外クッキング、あゆのつかみどりや釣りなども体験できます。

また、近くには川が流れており、子供でも安心のひざ下ぐらいまでの深さです。そして、何よりリーズナブル!!

1泊二日のコテージのトップシーズンの値段で25,000円~で泊まれます!!

ただしこの施設、、周りになにもないです(+_+)

なので、行く時には買い物を済ませてクーラーボックスで、冷やしていってください。

NAO明野高原キャンプ場

※一番高いお部屋です。

 

場所は岐阜県郡上市高鷲町にあります。

 

ここは、何と言っても施設が充実しています!!

施設内に、じゃぶじゃぶ池、馬の乗馬体験、透明なボールの中に入ってプール体験、ディノアドベンチャー、アスレチックと一日遊んでも遊びきれないくらい

充実していました。

 

 

私達はコテージが空いてなくて、シブシブトレーラーハウスに予約をしたのですが、エアコンもついてなくてとても暑かったのを覚えています。

あまり、テントは好きじゃないので(虫が嫌いなので(・・;))テントよりはマシかなといった感じです。

お値段はすごく高い 汗

コテージでトップシーズンで8名様一泊二日で42,000円~プラス施設もお金が取られるので、普通のキャンプよりも若干お金がかかる事を覚えておいてください。

 

その他、周辺施設には牧歌の里白川郷、温泉スキー場などもありますので、シーズンに合わせて楽しさいっぱいです。

また、近所にスーパーもありますので現地でお肉調達なんてこともできちゃいます。

 

遊びがいがある、コテージもすごく素敵なので個人的にまた行きたい場所3位以内に入ってます!!

油坂さくらパーク

さて、こちらも郡上市白鳥町というところにある、コテージです。

 

ここの良い所はU字工のある所です。

バーベキューコンロを借りて、運ぶのって結構大変なんですよね 汗

なので、U字工はありがたい。(ただし雨の日はダメ)

ここは、行く途中で風流な場所が結構あって、車を止めて立ち寄りました。

道の駅で、食品サンプル屋さんがあったので、体験もしてきました。

それぞれ個性が出て、とても良かったです!!

せいなの森キャンプ場

最後は、南信州長野にあるせいなの森です。

コテージはほんと変哲もない、一般のふつーーのコテージ。
いつも行くところより、やや狭いかなといった感じです。

さて、なぜここに来たかというと・・・コテージから満点の星空が見れるから!!!!

日本一で有名なんです。

しかーーし、あいにくの雨で一粒も見れなかった・・・・(+_+)

というわけで、次の日に100kmぐらいさまよって、滝を見に行きました。

子供達はあまりピンときてなかったのですが、マイナスイオンばりばりでてました 笑

そして、うらっかわってあんま見れないので、なんとも神秘的な感じでした!!

さあ、いろいろめぐって日も暮れてきたので、名古屋に帰る前にあるところに・・

星空が見える「ヘブンスそのはら」です。

生きてるうちに一度は行ってほしい、めちゃくちゃおすすめスポットです。

実はここ、下が晴れてても山の上まで登るので見えない事もしばしばあるそうで、知り合いの方は4回行ってもダメだったという人もいます。

しかし、私達はふもとが霧だらけで半分あきらめかけていたんですが、降りて来た人達に聞いてみると・・「今が絶好のチャンス!!」ということで、

登りました!!!いや~自然のプラネタリウム?めちゃくちゃ綺麗でした。

プチ情報

さて、ここからは、アウトドア初心者の方にプチ情報をお伝えします。

山にはアブや、ハチが居る。

彼らの居場所は、山です。彼らの縄張りを私達は踏み込む事になるんです。

なので、十分注意しましょう。

ハチは結構大きいのがブンブンしてるので、近寄らないようにしましょう。

問題はアブです。彼らは、車の排気ガスが大好きです。

車にバチバチ当たってきます。

虫嫌いの人は最悪です。

あまり殺すのは心ぐるしいのですが、スプレーを持っていく事をオススメします(+_+)


 

調味料、トング、アミ、皿、バケツ、チャッカマンは100均で。

少しでもお金を節約しようと思ったら、このへんの物を100均で調達してくると便利です。調味料に関しては家の物を持ってくと、いいです。

アミも、現地で買うと無駄に高かったりします。

バケツは花火をやる時に便利です。100均の物でしたら現地で処分してきても苦にはなりません。

 

その他あって良かったもの

山の中はしばしばスマホの電波が通らない事もあるので、ドンジャラとかUNOは必須です。(ただし、ドンジャラはかさばる。)

今なら、スイッチを持ってっても楽しいかもしれません♪(ただし、TVが絶対あるとは限らない。)

それと、バスタオルはかさばるので、タオルを何枚か持っていくと良いです♪温泉に入る方は、髪の毛のゴムを忘れずに~~!!

たばこ吸う人には

私は辞めたんですが、旦那と旦那のおねえさんがヘビースモーカーなんですよね(*_*;

なのでいつも、「携帯灰皿」持ってます・・。山の空気よごすな~~怒

 

 

 

※各施設、コ〇ナ感染にもとづく営業の有無、変更等ございますのでお出かけの際はかならず確認を取ってから、出発してくださいね!

みんなご協力おねがいします。\(◎o◎)/
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング